給湯器のセミオート、フルオートって何?

給湯器の交換や新築一戸建て購入をお考えの方は「オート」とか「セミオート」という言葉を目にした事があるかもしれません。オートとつくからには「自動」なのだろうとある程度の想像はつきますが、何をどこまで自動で行ってくれるのかまではわかりませんよね。まして、「セミオート」となれば尚更です。

そこで今回はオートについて書きたいと思います。

セミオートとフルオート

給湯器には、セミオートとフルオートの2種類があります。

単に「オート」と言った場合、「セミオート」の事を指しています。オートという文字から「全自動」的な意味合いを想像しますが、それは「フルオート」となります。

セミロングだとかセミダブルのように頭に「semi」が付く言葉ありますが、この「semi」という接頭語は「半分」とか「部分的」を表すものです。つまり、セミオートというのは、「部分的にオート」と理解しておけば良いでしょう。

セミオートとフルオートの違いなんですが、これは一言で言うのはちょっと難しい所があります。何故なら給湯器と言っても、ガス給湯器なのか、電気給湯器なのか、それこそ、エコキュートだとか、エコウィルだとか割と種類がありまして、それぞれ微妙に使い勝手が違うからです。それでもあえて言うならば、フルオートは自動湯張りのボタンを押せばあとは全部自動で湯温や湯量を調整してくれ、セミオートは自動で湯張りはできるにせよ、それ以外だと手動のものがあるというイメージでしょうか。

家族でお風呂を使う場合に、一人が使用すればお湯も減ってしまいます。フルオートなら、使用後に自動で湯を足してくれて、次に使う人もちょうどいい湯張りで使用できるわけです。セミオートの場合は「たし湯」のボタンを押して湯を足します。

セミオート(オート)

  • 自動で湯張り(リモコンボタンワンタッチで自動でお湯を張り、自動で設定水位まできたらストップします)
  • 追い炊き機能(エコキュートにはありません。風呂自動ランプが点灯した状態でそのままにしておくと、設置時間内は自動保温します。また、湯温が低下すると自動追い炊きを行ってくれます)
  • 足し湯は「たし湯」ボタンを押して行います

フルオート

  • 自動湯張り((リモコンボタンワンタッチで自動でお湯を張り、自動で設定水位まできたらストップします)
  • 自動足し湯機
  • 自動追い焚き
  • 追い炊き配管の自動洗浄

セミオートとフルオートのメリットデメリット

セミオートとフルオートの違いはやはり機能です。フルオートは全自動なので、手間がかかりません。動作一つでお湯の温度管理から湯量の調整、そして追い炊き配管の洗浄までしてくれます。それに比べて、セミオートではフルオートに備わっている機能のうち幾つかが欠けていて、所々手動で操作しなければなりません。

そのため、フルオートの方が多少設置費用がかかります。一般的には1万円前後というところです。

また、フルオートはセンサーによって自動で保温・追い炊き・足し湯を行ってくれる反面、日々の光熱費はセミオートよりかかってしまいます。つまり、設置費用と光熱費が高くなるというのがフルオートのデメリットと言う事になるでしょうか。

機能面の充実・便利さを選ぶならフルオート、多少なりともコストを抑えたいならセミオートといったところでしょうか。

ガス給湯器の容量

ガス給湯器は「号数」によって容量が異なります。例えば、水温+25℃のお湯を1分間に24L出せれば、24号となります。家族構成に応じた号数を選ぶようにしましょう。以下に目安を書いておきます。

  • 16号・・・1~2人の家族向け。二か所で同時に使用すると、お湯の出が少なくなります。
  • 20号・・・2~3人の家族向け。水温が低下する冬以外では二か所で同時にお湯が出せます。
  • 24号・・・4~5人の家族向け。二か所で同時にお湯が出せます。
  • 28号・・・シャワーを利用しながら、他の二箇所でお湯が出せます。
2017年08月25日