砂川地区マイマイズ井戸跡

砂川地区マイマイズ井戸跡

マイマイズ井戸があったと伝えられる場所を示す案内板

五日市街道の「砂川三番」交差点付近にはかつてマイマイズ井戸があったと伝えられる場所を示す案内板が建てられています。砂川地区は立川市の北側に位置し五日市街道に沿って東西に広がる地域です。玉川上水開通後しばらくして引かれた「砂川分水」は五日市街道に沿って一里ほど流れたそうです。この水を農業用水として利用して行われた新田開発が「砂川新田」と呼ばれ、やがて砂川村へと発展していきます。

新田開発を行う人々は砂川分水の水を農業に利用し、日常生活に必要な水は井戸を掘って確保しました。マイマイズ井戸と言うのは、スリバチ状に深い井戸を掘り、水を汲んで上がるのに便利なように、マイマイ(カタツムリ)の殻のようにぐるっとまわる道をつけた井戸の事で、その形状がマイマイに似ていることから名付けられたものです。砂川地区は地下の水脈が深いため、井戸は何軒かで掘ってみんなで使いました。今でも五日市街道沿いには、こうした共同井戸の跡が残っているそうです。

写真を見ると、案内板の向こうに木造の家が見えます。平屋建ての貸家のようでしたが、敷地の入り口には関係者以外立ち入り禁止の札が張ってありました。恐らく地元の歴史に興味がある方や案内板を見た方が、マイマイズ井戸の跡が本当にあるのかどうか立ち入る事があるのかもしれませんね。ただ、あくまでここはマイマイズ井戸があったと伝えられている場所であって、「跡地」としてその痕跡が見られる場所ではないのでしょう。しかも、歴史的意味を持つ場所とは言えあくまで私有地ですから、許可なく立ち入ってはいけませんね。

ちなみに、砂川三番の交差点付近には他にも砂川村の歴史に触れる事の出来る場所があります。そもそもが、砂川村の名主「砂川家屋敷」がすぐ側ですし、砂川村の精神的な拠り所であった阿豆佐味店神社や龍泉寺もこの付近です。さらに、砂川三番の交差点より北に向かえば立川市唯一の山にして富士浅間神社や金比羅神社、秋葉神社を祀っている金比羅山もあります。金比羅橋から玉川上水に沿って西に行けば「巴河岸跡」や「源右衛門分水取水口跡」などもあります。五日市街道沿いに広がる短冊形家屋敷はかつての砂川村の面影を今に伝え、その周辺を散策してみると郷土の歴史も身近に感じる事ができます。

 

まいまいず井戸について

かつて武蔵野台地で数多く掘られた井戸の一種です。関東平野の南半分、荒川と多摩川とにはさまれた地域に広がっているこの台地は奥多摩の山々を削りながら流下する多摩川によって青梅を扇頂とした大きな扇状地を形成しています。扇状地とは扇子に似た形状から名付けられたもので頂点を扇頂、中央部を扇央、そして末端を扇端と呼びます。扇状地では扇頂部に近いほど地下水位が低く井戸が深くなるのが一般的で、扇端部に近くなるほど地下水も浅く、少し掘れば水が出やすいので井戸も浅くなります。これはどうしてかと言うと、扇状地は川が山地で大量に削り取った土砂を下流で堆積させ、流路を変更するたびに新たに土砂を堆積させつつ形成されます。扇状地を形成している堆積物は大小さまざまな礫(れき)を多く含み、大変水を通し易い。そのため、扇央部では河川の水のかなりの部分が地下へと浸透してしまい、地下水となります。この結果、扇央部にある地上の河川の流量は減り、場合によっては水を失ってしまい、地上の川が水無川となることもあるのです。さて、扇状地の下には元からある平地が存在するわけですが、地上から浸透してきた河川の水は、扇状地を形成している堆積物の下にある平地の部分で、その大部分が受け止められ、そのまま地下を流れる伏流水となります。こうして発生する伏流水は、扇端部で湧水として現れ、その先に小河川を作ることが多いのです。

扇央部分に位置している立川市周辺では地下水脈まで行きつくには相当な深さを掘らなければならなかったという事がわかります。マイマイズ井戸はこうした地形上の特徴を理解した上で、当時の人達が知恵を絞って生み出した井戸なわけですね。国分寺崖線から上(武蔵野面)は地表面から地下水脈までの距離が長い。従って武蔵野台地では他の地域よりも深い井戸を掘らなければ地下水脈に達しないにもかかわららず、地層が脆いために地下水脈まで垂直な井戸を掘ることが出来ない時代が長かったのでです。そこで、一旦地表面からすり鉢状に地面を掘り下げて砂礫層の下の粘土層を露出させ、そこから改めて垂直の井戸を掘って地下水脈に至るという手段が採用されたという事なのです。

 

 

2018年02月25日