立川市における学校教育の歴史

普済寺にある立川教育文化発祥の地の写真

立川市柴崎町にある普済寺は立川の教育文化発祥の地として知られます。正式名称は「玄武山普済寺」、かつて立川一帯を支配した立川氏の居城があったとされる非常に格式高いお寺です。ここで村の子供たちに教育を行い、そこから市立第一小学校へと繋がる郷学校が開かれました。後にすぐ近所にこの郷学校が移転し、その地が学校教育発祥の地となりました。

立川の教育文化

江戸時代立川市の前身である柴崎村の子供たちの教育は普済寺や諏訪神社で行われていました。その後、明治3(1870)年、玄武山普済寺にある「心源庵」に村の子供たち40名を集めて「読み、書き、算盤(そろばん)」教え始めました。これが市立第一小学校の前身である郷学校です。時は幕末の志士による活躍によってなされた明治維新直後、世の中がこれまでにない加速度で変わっていく時代でした。当時柴崎村、そして後に立川市に合併する砂川村は韮山県(にらやまけん)に編入されていました。韮山県は現在の静岡県、神奈川県、埼玉県、山梨県、東京都多摩地域にあたる地域を含む大きな自治体でした。明治4(1871)年になると神奈川県に編入されるのですが、その後北多摩郡に編入された両村が東京府に移管されたのは明治11(1878)年の事でした。その間郷学校は明治5(1872)年耦頴学者(ぐえいがくしゃ)と改称、同年砂川村流泉寺に西砂川学校(現第九小学校)が開設されています。

立川の学校教育発祥の地

柴崎四西公園内学校教育発祥の地石碑

明治11(1878)年、ぐ頴学舎は柴崎学校と改称されます。この際普済寺から少し離れた現在の「柴崎四西公園」のある場所に校舎が建てられました。これは村人たちの熱意によって完成した当時としては大変珍しい独立校舎であったのです。「柴崎小学校沿革史」によれば「北多摩軍内小学校新築の嚆矢(こうし)ナラン」と自慢するほどだったそう。

柴崎村は明治14(1881)年立川村と改め、これに伴い柴崎学校は立川学校と改称されました。こうして、大正3(1914)年に現在の立川第一小学校の地に新築移転するまでこの場所で教育が行われました。このためこの地が学校教育発祥の地として柴崎四西公園内に石碑が建てられています。

立川の学校の変遷

立川市における最初の学校は立川第一小学校です。そして北部の砂川村の最初の学校が立川第九小学校となり、それぞれに古い歴史を持ちます。それから70年以上の年月を経て、明治7(1874)年砂川5番の私塾が中砂川学校に、砂川8番の村立郷学校「共同学舎」が東砂川学校となり、明治33(1900)年両校が一つになり砂川小学校(現市立第八小学校)となりました。その翌年、現在の都立立川高校となる東京府立第二中学校ができます。

立川村は関東大震災が起こった大正12(1923)年町制を施行し立川町となります。その2年後の大正14(1925)年多摩地区で初の女子校として立川女学校(現立川女子高等学校)が開校します。元号が変わり、昭和4(1929)年に第二小学校、昭和12(1937)年第三小学校が開校、そして昭和15(1940)年市制を施行し立川市となりました。同年第四小学校、第五小学校、昭和第一工業高校(現昭和第一学園高校)開校。ここから昭和20(1945)年の終戦を迎えるまでは新たな学校は作られません。立川市は13回の空襲を受け、大きな被害を受けたそうです。

戦後になると小学校に加え中学校が続々と開校していきます。昭和22(1947)年第一中学校、第二中学校、砂川村立砂川中学校(現第四中学校)開校。翌年立川市立高校(現都立北多摩高校)開校。昭和25(1950)年第六小学校、翌年第三中学校開校となります。

昭和29(1954)年砂川村が町制を施行砂川町となります。その9年後の昭和38(1963)年砂川町が立川市に合併し現在に至ります。その間開校したのは昭和33(1958)年の第七小学のみでした。

ここからは4年連続です。昭和39(1964)年に第五中学校、 翌年第十小学、 翌々年けやき台小学校、 さらにその翌年西砂小・南富士見小学校が開校します。

そして3年連続。昭和45(1970)年南砂小学校、翌年若葉小学校、幸小学校、松中小学校、さらにその翌年大山小学校開校。 昭和49(1974)年第六中学校開校。 昭和52(1977)年柏小学校開校。昭和53(1978)年多摩川小学校、第七中学校、第八中学校開校。 昭和54(1979)年第九中学校、都立砂川高校開校。昭和58(1983)年上砂川小学校開校。これで立川市内の小中学校が揃いました。この後は旧南富士見小・旧多摩川小を統廃合し旧多摩川小校舎に立川市立新生小学校が開校しました。2004(平成16)年の事です。

まとめ

立川市における教育は旧柴崎村では普済寺の郷学校を起源とする第一小学校、旧砂川村では流泉寺の西砂川学校を起源とする第九小学校から始まりました。それぞれ1870年と1872年という四捨五入すれば150年近い歴史を持ちます。中学校は1~9中まで順番に開校したので番号が若いほど古い歴史を持ちます。対して小学校は1小、9小、8小の順に開校し、それ以降は2小、3小、4小と番号順に開校していきます。そして10小まで開校した段階で、けやき台小のように地名ないし地域名を冠する小学校が作られていきます。最も多い時には小学校は21校まで増えましたが、その後統廃合によって一つ減り現在の20校となっております。