西武立川駅周辺の不動産探しは立川の不動産会社いずみホーム

西武立川駅画像

西武立川駅は立川市の北西部、立川市西砂町1丁目にある小さな駅です。単線区間の為ラッシュ時間帯以外だとそれほど電車の本数はありません。西砂町は北は武蔵村山市、南は昭島市に隣接するため、この駅の利用者は立川市のみならず、それら隣接する市の皆さんです。福生市とも一部隣接しますが、拝島駅に近いので中には利用する人もいるのでしょうが、多くは拝島駅を利用するのでしょう。

西武立川駅について

西武立川駅は昭和43(1968)年開業、終点拝島駅の一つ手前の駅です。1番ホームが拝島方面、2番ホームが萩山・小平・西武新宿方面のりばとなっております。かつては出入り口が南口に一つしかありませんでしたが、平成23(2011)年に駅改良工事が完了すると橋上駅舎および南北自由通路の供用が開始され、北口にも出入り口が新設されました。これに伴い駅南側に割と広い道路が整備され、新駅舎完成後しばらくしてスーパーマーケットもオープンしたのです。南北それぞれにロータリーが設けられていますが、北口のは小規模でタクシーが駅前に横付けしているくらいな感じです。

西武立川駅周辺で不動産を探す!

 

南口

西武立川駅南口ロータリー画像

西武立川駅南口のロータリーはバス乗り場やタクシー乗り場もある割と広いものとなっております。インターロッキングで整備された駅前広場とすっきりとした駅舎が清潔感を漂わせています。駅舎のすぐ西隣にあるファミリーマートは乗降前のちょっとした買い物に便利です。さらにロータリーを抜けるともう一店舗駐車場完備のファミリーマートがあるのです。何と言っても西武立川駅南口の目玉はヤオコーMARKETPLACE西武立川駅前店です!1Fが食品中心のスーパーマーケット、2Fに各種テナントが入っています。100円ショップのダイソー・サンドラッグ・美容室・子供英会話教室・歯科医院・小児科医院など。たましんのATMもあります。ここで買い物を済ませて帰宅すれば、帰宅後わざわざ買い物に出かける手間も省けます。

西武立川駅の南口は線路に沿ったごく狭い範囲こそ立川市ですが、ほとんどは昭島市となります。前述のヤオコーMARKETPLACE西武立川駅前店からして住所は昭島市美堀町1丁目です。この周辺で他にめぼしいものと言えば「昭和の森ゴルフコース」「砂川用水・柴崎分水取水口」「スタ丼」が挙げられます。

昭和の森ゴルフコースは都内近郊にあるというアクセスの良さが光るゴルフコースです。さらに併設する練習場が広い!最長400ヤードに達するフィールドは、周辺のゴルフ好きの人々を虜にします。飛ばし屋の皆さん思う存分飛ばしたいと思いませんか?ここなら遠慮はいりません(笑)

この練習場のすぐ北側は玉川上水が流れます。ただし、一部暗渠となっておりまして、その上が公園として整備されています。かつて付近に旧日本軍の滑走路があり、その延長計画の為に鉄筋コーンクリートの蓋をしたというのが理由なのだとか。この暗渠部分を抜けてすぐにあるのが砂川用水・柴崎分水取水口です。これは知らない人が見てもなんて事のないぐぼみなのですが、地域の歴史に興味がある方なら感慨深く眺める事ができるでしょう。江戸時代初期飲料水にも事欠いた乾いた武蔵野台地を潤した玉川上水開削。それに伴い幾つもの分水が引かれ、周辺地域で盛んに新田開発が行われました。その一つが砂川用水であり、柴崎分水なのです。興味のある方は「砂川分水(砂川用水)」をご覧下さい。

最後にスタ丼のお店について。国立市発祥という事もあって多摩エリアでは根強い人気を持つお店。ニンニクたっぷりの名物料理で、普通盛でもかなりの量です。大もりなんて私ではとても無理。大食い自慢の方以外は普通盛で十分です。私は生姜丼押しですね。西武立川から少し東に歩くとあります。松中橋の目の前です。

西武スマイルパーク西武立川駅南口第2駐輪場

西武立川駅南口第2駐輪場他画像

西武立川駅の東側、線路沿いにある時間貸し駐輪場です。自転車及びバイク(125cc以下)が停められます。駅に近い方からバイク置場、自転車置き場、車の駐車場、月極自転車置き場と続きます。

住所

立川市西砂町1-2-3

タイプ

電磁ロック式、屋外、アスファルト舗装

利用時間

24時間

収容台数

自転車 150台、バイク 10台

連絡先

0120-356-621

利用料金

  • 自転車・・・15時間ごと 100円
  • バイク・・・15時間ごと 200円

西武スマイルパーク西武立川駅南口第3駐輪場

西武スマイルパーク西武立川駅南口第3駐輪場バイク・自転車置き場

西武立川駅西側、線路沿いにある月極駐輪場です。駅に近い方が自転車置き場、その西がバイク置場となっております。

住所

西砂町1-22-2

タイプ

固定車室、屋外、アスファルト舗装

利用時間

24時間

収容台数

自転車 180台、バイク 21台

連絡先

0120-356-621

利用料金

自転車

1ヶ月1,800円、3ヶ月5,100円、6ヶ月9,600円

バイク

1ヶ月3,000円、3ヶ月8,400円、6ヶ月15,600円

西武スマイルパーク西武立川駅南口第6駐輪場

西武スマイルパーク西武立川駅南口第6駐輪場写真

西武立川駅東側、線路沿いにある月極駐輪場です。第2駐輪場、コインパーキングときてこの第6駐輪場となります。自転車のみ停められます。

住所

立川市西砂町1-2-3

タイプ

フリー車室、屋外、アスファルト舗装

利用時間

24時間

収容台数

自転車 61台

連絡先

0120-356-621

利用料金

1ヶ月1,800円、3ヶ月5,100円、6ヶ月9,600円

エコステーション21 ヤオコー西武立川駅前店駐輪場(A・B)

住所

昭島市美堀町1-355-120

利用時間

24時間

収容台数

A155台、B25台

連絡先

0120-3566-21

利用料金

2時間無料 その後24時間毎100円

北口

西武立川駅北口の画像

北口はほぼ立川市西砂町になります。西砂町と言う町名はかつての砂川村に由来するのだと思われます。江戸初期に玉川上水が開削された後、幾つもの分水が引かれ、その周辺で新田開発が行われたのだと先ほど書きました。天王橋より取水した砂川分水が五日市街道に沿うようにして引かれ、農業用水として用いられたのです。こうして発展を遂げたのが砂川村で、年貢徴収の単位として西から順に「一番」「二番」「三番」という風に番号がふられました。当初は全部で一番組~八番組までの集落があり、一番から四番までが上郷、五番から八番までを下郷と呼んだそうです。この呼び方は今も残り、バス停や駅名などで確認する事ができます。わかりやすい所だと多摩モノレールの「砂川七番駅」がそれです。

そもそも砂川村の名称の由来は残堀川に求められます。瑞穂町から武蔵村山市、立川市を通り多摩川に流れ込みます。いつも枯れたように水量が少なく砂底が見えることから「砂の川」と呼ばれ、砂川の地名となりました。立川市には「南砂」や「中砂」など砂の付いた名称が今でも確認できるのですが、これこそ砂川の南とか中央とかに由来するものだと私は考えています。西砂町と言うのはつまり砂川の西だから「西砂」と呼ばれやがて定着したのでしょう。

西武立川駅北口はほとんど開発されておらず、かつての砂川村の雰囲気を残しています。公園や駐輪場以外はめぼしいものはありません。五日市街道にでれば街道沿いに店も見つかりますが、帰宅途中の動線で買い物を済ませるという感じではありませんね。南口に渡ってヤオコーで買い物するのが妥当でしょうか。

西武立川駅北口有料自転車駐車場

西武立川駅北口有料自転車駐車場

駅の目の前にあるので大変利用しやすい自転車置き場です。こちらは自転車のみとなっております。

住所

西砂町1-23-8

対象

定期利用は立川市民のみとなっております。

利用時間

24時間(管理人常駐時間6時30分~20時00分)

収容台数

438台、一時利用138台

連絡先

042-531-8192

利用料金

一時利用料金

入庫から3時間まで無料、その後2時間まで50円、5時間を超える場合は入庫から24時間ごと100円

※一時利用料金の精算機は高額紙幣(2千円、5千円、1万円)が使用できません。

定期利用料金
  • 市内学生:1ヶ月1,000円・3ヶ月2,700円・6ヶ月5,100円
  • 市内一般:1ヶ月1,700円・3ヶ月4,500円・6ヶ月8,600円

A&skyパーク

住所

西砂町1-22-5

利用時間

7:00~18:00(土日休み)

収容台数

170台

連絡先

042-520-6779

利用料金

1日100円